FC2ブログ

MINILOVE 2011 その弐

MINILOVE
その弐では、国立競技場の建物の外周をコースとしたレース
の報告をします!

今回のMINILOVEのコンセプトキャッチコピーに
「小さな車輪で大きな世界へ。」というフレーズがあります。
その言葉通り、小さな車輪の自転車にまたがったキッズライダーが
レースという舞台に挑戦する光景が、まさにこの一枚にあります!
minilove2011+021_convert_20110608092905.jpg

緊張から逃げ出す子供はひとりもおらず、沿道のお父さん・お母さんの
声援に応えるかのようにスタートしていった子供たちはまるでJツアーを
走るロードレーサーみたいでした。
minilove2011+020_convert_20110608104806.jpg

真剣にペダルを踏み込むキッズライダー。かっこいい!
minilove2011+033_convert_20110608094718.jpg

子供たちの勇姿を実況しているのは、おなじみ絹代さん。
minilove2011+044_convert_20110608094105.jpg

全力で走りきった子供たち。表彰式では周りを取り囲む人達すべてが
カメラを構えていっせいにシャッターを押していました。
minilove2011+076_convert_20110608102336.jpg

「表彰台に上れた子供たちも、惜しくも上れなかった子供たちも
みんな最後まで走り、本当におめでとうございます」

沿道で声援を送るお父さんやお母さんだけでなく、僕たち出展スタッフ・
運営スタッフみんな、次も走ってくれることを楽しみにしています。
速く走る事だけでなく、安全に止まれて、スムーズに曲がれるように
家族と一緒に練習して下さい。
これからも楽しみながら自転車に乗って下さいね。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

そして、各レースが次々と進んでいき最終レースの
ブランド対抗タイムトライアル チャンピオンクラスが始りました。

出走前の選手の表情は、キッズレースの緊張感とは対象的な和やかな
雰囲気でスタートを待っていました。
※右端はアキボウのトライアスリート営業マンT、中央はF.S.R.MTBライダー
山田大五郎
、左奥はエヌビーエスのロードレーサー営業マンN。
minilove2011+079_convert_20110608095055.jpg

タイムトライアルなので、一分置きにスタートしてコースを三週走った
タイムを競うレースなのですが、このように周回が重なると接近戦となります。
先ほどの笑顔もどこえやら、凄い形相で計測ラインを通過していきました。
minilove2011+089_convert_20110608095248.jpg

このレースのスタートは一人ずつ出走します。
スタート台で選手紹介されます。
F.S.R. Matudo(メッセンジャー)
minilove2011+095_convert_20110608095411.jpg

そして、スタートの合図と同時に一気に駆け下りて行きます。
minilove2011+096_convert_20110608095543.jpg

あとは、ひたすら全力疾走でゴールをめざします!
minilove2011+099_convert_20110608095722.jpg

MINILOVE 2011 レース結果
※「クラス」ごとに結果が載っているのでクリックしてください!

★一般参加者様のレース
フォールディングバイク・チャンピオンクラス
フォールディングバイクA
フォールディングバイクB

小径車・チャンピオンクラス
小径車A
小径車B
キッズA
キッズB
タイムトライアル
キッズ・タイムトライアル
★業界人レース
ブランド対抗タイムトライアル チャンピオンクラス
ショップメディア対抗・フォールディングバイク
ショップメディア対抗・小径車

レースに出場された選手の皆様、お疲れ様でした。
次回開催が決定しましたら、このブログで報告しますので、
是非、またエントリーしてください。


あっ、6月12日は「富士ヒルクライム」だ!
FUJI ブースも11日出展しますので、お立ち寄り下さい。
・・・しかし・・・天気が心配だなぁ。



FUJI YAMAMOTO

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード