FC2ブログ

SST

以前 FOOTON-SERVETTO-FUJI ProTour Cycling Team
のプレゼン内容の話をしましたが、バイクの説明がなされていなかったので少し触れてみます。

SST1.0
レースに必要とされる要素を高次元でバランスさせた新型SSTは、新しく生まれ変わり旧モデルと比較し、大幅な改良が加えられています。
FUJIハイモジュラスカーボンC-7+を用い、空力に優れるが超軽量、超高剛性だがしなやかな乗り味を実現するといった、相反する要素を兼ね備えています。
SST1_convert_20100118140034.jpg

今日のマーケットには無い異次元のフレームを製作し、オーバーサイズのダウンチューブとフォークブレードにはI-BEAM構造(チューブ内部にあらゆる方向の外力に対応する補強リブを内蔵する構造)が採用され、ねじれ剛性の向上とトータルでの軽量化を可能にするだけでなく、コーナリングスピードの向上にもつながり、テーパー形状のヘッドチューブ(上側1 1/8’’ 下側1 1/2’’)、Press-In Integrated System(PIIS:軸受けをBBシェルに内蔵するシステム)採用のオーバーサイズBB、延長されたシートチューブがバイクのパフォーマンスを飛躍的に向上させています。
フレームの特性としては低重心で、乗り味はハイレスポンスで高い剛性を感じことができます。

2010年UCIプロツアーで、フットオン・セルヴェット チームがその性能を証明してくれるでしょう。

営業YAMA

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード